1000太郎の脳みそ進化ver.

gomonchan.exblog.jp ブログトップ

行き着く先は、英語で発信すること

自分の次のステップにいく課題は英語だと思っています。言葉だけが全てではないのは
百も承知も言えば、やっぱり言葉は大切です。

みなさんが分かる共通語で話さないと、そもそも自分の伝えたい意図も、存在すらも
相手に伝わりません。つまり、言葉が話せないと幽霊と一緒で、存在しないのと同義です。
つまるところ、会社にとって必要ない、ひいては社会にとって必要ない、ということになります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

だから、敢えて言ってしまえば、会議で黙っている日本人とは違って、みんな意味のないことや、
自分の出張だけを、会議の目的とかけ離れていても話すのです。
生き残るためなので必死ですよ。

しかしながら、英語が話せるだけが凄い、と話せない人からすればそう見えるかもしれませんが、
何を話しているかは理解しないといけません。

単なるほら吹きなのか、自己アピールなのか、そこを見極めないと、人をも見極められ
ません。その目的のためにも、少なくとも人の言っていることは分かる必要はあるし、
それに対して反論する言語能力は身に付けないといけません。

だって、日本人だって日本語を話せるからといって、みんなが意味のあることを言っているわけ
ではないでしょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

管理職になっても頑なに英語を拒否し、日本語だけで処理しようとし、自らの責任を
果たそうとしない人を大勢みてきました。言葉は悪いかもしれませんが、給料泥棒で
平社員より性質が悪いと思います。定年まで数年の人は逃げ切れるかもしれませんが、
30代、40代の人はどこかでパラダイム転換しないと、この先、生き残っていけないか、
給料が安くなるか、など、良いシナリオは自動的に転がってこないこと、意識しておいた
方が良さそうです。

そんな将来に恐怖を覚えている方は、このメルマガを購読することをお薦めします。
一歩一歩、ダイバーシティ、グローバル(あまり使いたくない言葉ですが)が自然と
身についていきます。

自分はもっと英語を磨きます。周到な準備はもちろんですし、基本以前のことですが、
それでもなお、発言することの大切さを伝えたいと思います。


[PR]
by gomonchan | 2017-12-08 09:16 | BRASIL生活 | Comments(0)

ブラジルはサンパウロで、日々の経験と、夢へ向かう過程を毎日発信中。人間関係、 将来のこと、違う価値観との付き合い方、上司、部下への接し方、夫婦関係などで悩んでいる方、更には海外で働いてみたいと思っている方、グローバル、ダイバーシティという言葉が気になっている方などへ送ります


by gomonchan
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー